パタゴニア【 R1エア】のレビューと感想!山から自宅まで多用途に使えます。

2020年11月27日

パタゴニア R1エアー

山から自宅まで多用途に使えます。

 

最近の自分
R1エアーが気になるな。

今までR1、R2、R3と着用してきましたが、今回はR1シリーズから”エアー”が誕生しました。

今までテクニカルフリースではあまりなかった、クルータイプのものがあったので購入してみました。

サイズ感は通常のパタゴニア製品と同じサイズを選択して、問題ありませんでした。

通常のR1との違いは、

  • 単体で着用する場合だと、通常のR1の方が暖かい
  • R1エアの上にウインドシェルなどを羽織ると、起毛している分R1エアの方が暖かいです

 

この記事の内容

patagonia パタゴニア ”R1エア”のレビュー


メンズ・R1エア・クルー

https://www.patagonia.jp/product/mens-r1-air-fleece-crew/40235.html?dwvar_40235_color=CTRB

 

パタゴニア ”R1エアー”の素材と質感をレビュー

パタゴニア R1エアー

起毛した素材にジグザグのカットが入っている

【概要】

R1エアは軽量で通気性と速乾性を備え、寒冷な状況での激しい運動に最適なテクニカル・フリース。リサイクル・ポリエステル100%素材の構造は、活動中も快適さを保つデザイン。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

出典:パタゴニア公式

素材

  • 中空糸を使用した5.7オンス・リサイクル・ポリエステル・ジャカード・フリース100%。
  • ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工済み。
  • ブルーサインの認証済み。
  • フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

 

通常のR1はポーラテックのパワードライを採用していましたが、今回はパタゴニアのオリジナル素材の様です。

通常のR1は表面がスムーズにレイヤリング可能なツルッとしたジャージ素材でした。

裏面が起毛していて下の写真のようにモコモコしています。

パタゴニア R1

通常のR1

 

R1エアは表面と裏面が同じ仕様です。

両面が起毛していてジグザグに入ったラインが通気性を、より発揮します。

パタゴニア R1エアー

R1エアー

 

パタゴニア ”R1エアー”のサイズ感

パタゴニア R1エアー

165㎝ 58kg xsサイズ着用

サイズ表

XS S M L XL XXL
身幅 48 50 54 59 63 67
着丈 64 67 69 72 74 77
裄丈 81 84 86 89 91 94
※実製品の寸法と若干異なる場合があります。
※仕上がり寸法(平置き/cm)

 

サイズ感としては、私は他にもパタゴニア製品を所有しているので、それらのアイテムと同じサイズ感で大丈夫でした。

テクニカルな場面で着用する場合はぴったり目に着た方が効果を発揮できるので良いかと思います。

普段着などでも着用機会がある方は、ワンサイズ上げて選ばれた方が着用しやすいかなと感じました。

 

今回はクルーネックを着用していますが、プルオーバーはサイズ感がちょっとタイトだったのでプルオーバータイプを検討されている方は注意が必要です。

クルーと、フルジップフーディーは似たようなサイズ感でした。

今年はクルーをチョイスしましたが、来年はジップネックか、フルジップフーディーも購入を考えています。

サイズ感は結論、

  • アクティビティメインならジャストサイズを。
  • 普段着がメインならワンサイズアップがおすすめです。

パタゴニア製品全体に言えることでもありますが、2000年初期の頃のダスパーカーや、パフボールなどと大きくシルエットなどが変更されています。

以前はかなりダボっとしたシルエットでした。

 

ここ近年、クライミング用、アルパイン製品に関してはほとんどがスリムフィットになっているので、年齢層の高い、ライトユーザーの方の体型に合いにくくなっています。

ネットで購入できるのは非常に便利ですし、今の時代ともマッチしています。

とはいえ、やはり体に合うかどうかは気に入って、長く使用できるかの重要なポイントです。

 

パタゴニアは直営店も国内に20店舗以上ありますし、国内のあらゆる地域にディーラーさんのセレクトショップ(正規取扱店)があります。

有名なところだと、好日山荘ワイルド1などですが、これらの店舗で実際に試着してみることをおすすめします。

ファッション用途がメインで着るのなら、そこまでサイズ選びに慎重にならなくても良いかと感じますが、アクティビティ用途の製品は確実に試着した方が良いです。

パタゴニアの直営店ではスタッフさんもアウトドアの経験がある方が多いので、私自身もよく相談にのってもらっています。

環境のストーリーや、店内の陳列もとてもおしゃれなので、よりパタゴニアの世界観を知ることができます。

公式の通販ではサイズ交換も無料ですし、5000円以上の購入で送料無料になるのでこちらを活用するのも一つのアイデアかと思います。

 

パタゴニア ”R1エアー”の個人的なレビューと感想

パタゴニア R1エアー

ポケットも◎

 

個人的な感想としては、秋口11月のトレランで使用するのは暑く感じました。

じっくり動くようなハイキングや、スノーボードのインナーとして使うのであればちょうど良いです。

ランニングやトレランでの使用をご検討されている場合ですと、12月〜2月の期間(関西)、気温は10℃以下での使用がちょうど良いです。

10℃以上の気温になると、通気性はあるものの、R1エア自体の保温力がかなりあるので暑いです。

 

気温が低いと(10℃以下)、ジグザグの通気孔から冷たい風が入ってくるのでなんともいえない気持ちよさがあります。

 

暖かいけど、暑くない。風が吹いても寒くない。

といったちょうど良い感じに体の体温が保たれます。

 

また、R1エア自体の通気性が高いので、R1エアの下にパタゴニアの製品で例えるなら、ミッドウェイトとやサーマルウェイトなどの通気性の低いベースレイヤを着用するとR1エアの良さが消えてしまいます。

R1エアを着用する場合は、キャプリーンのメリノ系の薄手のものか、キャプリーンライトウェイトなどのベースレイヤーを着ることでR1エア持ち前の通気性を体感できます。

実際にパタゴニアアンバサダーの石川弘樹氏は素肌に着用することもあるようです。

 

石川弘樹(いしかわ・ひろき)


パタゴニア・トレイルランニング・アンバサダー。日本初プロ・トレイルランナー。国内外の競技に参戦するかたわら、トレイルランニングの普及にも力を注ぐ。イベント講師や大会プロディースも手掛ける。

※以下の記事参照

製品詳細にもある通り「寒冷な状況での激しい運動」この用途にぴったりに感じました。

ポイントとしては…

  • 10℃以下での着用
  • ベースレイヤーは通気性の高いものを着用
  • 激しく運動できる体力のある方は素肌で着用も選択肢に

このような感じです。

 

少し気になった点

  • クルーは気温が低いと首元が冷えるので使いにくい
  • 表面の素材が毛羽立ってきて毛玉になりやすい

この2点が少し気になりました。

 

12月から2月などの厳冬期に関しては、山でも標高が低いところでは暑くなります。

標高の高いところでは風が強く寒いので、首元で調整できる、ジップネックやフルジップフーディーが良さそうです。

 

表面の素材は起毛しているので、ザックが擦れるところ(背中の肩甲骨あたり)は、起毛している毛が寝てすこしツルッとした感じに生地感が変化します。

また同じようにザックが擦れる(脇腹あたり)この辺りに関しては毛玉が出来やすいです。

フリースというのは毛玉が出来るものなので仕方がないですが、少し気になりました。

 

とはいえ、全体的な評価としてはかなり納得ができる素晴らしい製品でした。

新しくRシリーズに加わったR1エアは今後、いろんな場所でのアクティビティはもちろん、旅行や、部屋着などとしても活躍してくれそうです!

 

パタゴニア【 R1エア】クルーのレビューと感想!山から自宅まで多用途に使えます。

まとめ

パタゴニア【 R1エア】クルーのレビューと感想!山から自宅まで多用途に使えます。

 

今回はパタゴニア ”R1エアー”のレビューをしました。

クルーネックのR1が、2019年の冬あたりからウィメンズだけで展開されている時期に「メンズも作って欲しいなぁ」と思っていたので、今回のクルーネックは嬉しかったです。

価格もRシリーズにしてはクルーが13,200円と、比較的手に取りやすい価格でしたのも理由です。

 

今年はクルーを購入しましたが、ワンシーズン使用してみてとても気に入りましたので、来シーズンにはジップネックか、フルジップフーディーも購入を検討しています。

来季はどんなカラーが発売されるか楽しみです。

山や街着、トレラン、それからランニングととても多用途に使えるのは最強ですし、ここ最近の巣ごもり需要にもぴったりな逸品です。

実は、私は巣ごもりでの着用頻度が一番高いです。笑

部屋着とはいえ、テンションが上がるウェアを着れるのは生活の質も向上されます。

次に行きたい場所の計画を立てたり、のんびり過ごしたり、大切な人との時間を過ごす際にも活躍してくれる【R1エア】良いですね!

 

今日は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事があなたのお役に立てば嬉しいです。

 

【記事の中で紹介させて頂いた製品】

メンズ・R1エア・クルー

https://www.patagonia.jp/product/mens-r1-air-fleece-crew/40235.html?dwvar_40235_color=CTRB

contact

    • この記事を書いた人

    つかも

    「ブログ×シンプルな暮らし」普段はアウトドアブランドで勤めながら、ブログを書いています。趣味はランニング・トレラン・音楽・読書・野球などスポーツ全般。ランの記録や日常のことはツイッターで発信しています。フォローしていただけると有り難いです。前向きに考えることが好きです。(^^ゞ

    -trail run

    Copyright© つかもブログ , 2021 All Rights Reserved.