trail run

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】サイズ感なども!さすがの作り込みで完成度はかなり高いです!

2022年1月28日

パタゴニア プロビジョンズ

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

 

以前の自分
ニューバランスはおしゃれ用の靴がメインなのかな。

 

以前の私はこの様に考えていました。

 

街中を歩いているとたくさんの方が履いているニューバランス。

その中でも実はこのメーカーが力を入れているのはランニングカテゴリーだそうです。

FRESH FOAM HIERRO Mを購入して、数回使用してみましたのでサイズ感や履き心地などをレビューしていきたいと思います。

さずがの作り込みで思っていた以上の完成度でした。

 

この記事の内容

FRESH FOAM HIERRO Mのレビュー

(NB公式アウトレット)【30%OFF】 メンズ FRESH FOAM HIERRO M B6 (グリーン) ランニングシューズ 靴 ニューバランス newbalance セール

 

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】詳細とスペック

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

詳細とスペック

 

最初にこの製品の詳細とスペックを見ていきます。

【 詳細 】

耐久性と機能性を兼ね備えたトレイルランニングシューズ「FRESH FOAM HIERRO」がv6にアップデート。
再生素材を随所に使った自然環境を意識した仕様に加え、最高級のクッション性を提供する「Fresh Foam X」を採用したミッドソール、トラクションに優れるVibram Mega Gripを搭載したアウトソールにより、長距離でのパフォーマンスが求められるトレイルランナーの足元はもちろん、日々のライフスタイルやアウトドアスタイルを快適にサポート。

●搭載機能
・Fresh Foam

●アッパー素材:合成繊維
●ソール素材:ゴム底

重量:約295g(25.5cm片足)

出典:ニューバランス公式

メーカーの意図としては、トレイルランニングに使用されることを前提に、普段履きも可能なスタイルといったところに着地している様な印象です。

スペック的にもソールはビブラムソールなので信頼があります。

フレッシュフォームはニューバランスのランニングカテゴリーではかなりの種類に採用されています。

その中でもデイリートレーナーには一番向いていると言われる代表作の1080などがあります。

↓M1080

USA製で有名なモデルですと990番台や1300などがあります。

一般的によく履かれているのは574や996などが有名です。

 

このモデルを購入した目的は、私の趣味がトレイルランニングだったり、ハイキングが好きだからです。

今まで普段履きではニューバランスを子供の頃から良く履いていました。

アクティビティの場面ではこれまで、ロードの場合はホカオネオネ、トレイルランニングではモントレイルを履くことが多かったです。

実際に使用してみて、ニューバランスが力を入れているのはランニングカテゴリーであることがとても良く理解できる素晴らしいシューズでした。

ニューバランス ジャパン
代表取締役社長 久保田伸一 氏

–––現在、多種類のカテゴリーが存在する中で、ランニングカテゴリーはどんな存在ですか?
今では色々な分野のスポーツを手掛けていますが、ニューバランスはランニングシューズから始まった会社であり、パフォーマンス、ライフスタイルのカテゴリーを含めて、ランニングシューズで世界ナンバーワンになる目標は変わっていません。なので、ニューバランスで一番重要で大切なカテゴリーがランニングカテゴリーになります。ランニングがブランドの看板を背負っていますし、人員、予算、テクノロジーの開発などもすべてにおいてランニングが一番です。

出典:シューズ・マスター

http://www.shoesmaster.jp/special/new-balance-year-of-9s-99x-series-special-about-m990-v5

 

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】サイズ感

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】サイズ感

 

サイズ感に関してはまず自分の足の実寸を測定しないとサイズ選びができません。

私の場合は左右とも25.3センチの、ワイズ(足幅)がDなので25.5センチでジャストでした。

最初は指のあたりが若干きつめに感じますが、2回ほど履き込むと良い感じに馴染みます。

 

ワイズを測定してE以上に当たる方は、縦の長さ(センチ)が合っていても足幅がこのモデルはDワイズなのでハーフサイズ上げたほうが賢明であると思います。

初心のころは実寸が25.3センチにもかかわらず普段履きの選び方の延長で大きめのサイズを私自身も選んでいました。

サイズ選びなどを調べると、自分の足の1〜1.5センチほど大きめを選ぶ様に書いてある記事がたくさんあります。

大きすぎると足がシューズの中で動かない様に自然と力んでしまいますし、爪が当たって黒くなってしまうのも大きなシューズを履いているために起こることです。

自分の実寸に合ったシューズを履いていれば、力まないし、足がシューズの中で動かないので爪なども綺麗な状態を保つことができます。

私も月間150〜200キロほど走りますが、爪は綺麗に保たれています。

 

これまでご自身の足の実寸を計測したことがない方がおられましたら、ぜひ以下のアシックスのページを参考になさってみてください。

アシックス「足のサイズの測り方」

私はA4のコピー用紙の上に足を置き、鉛筆でぐるりを書いて測りました。
面倒ですが、一度このサイズガイドを使いご自身の足のサイズを計測しておくと、後々靴選びをする時に非常に便利となります。

お店などに行った時も自分の実寸のサイズと、ワイズ(足幅)をショップのスタッフさんに伝えることで明確にサイズ選びをすることができます。

 

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】良かった5つのポイント

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】良かったポイント

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】良かった5つのポイント

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

65キロ走ってみました

 

1.普段履きもできる

個人的には普段履きも大丈夫なデザインかと思いました。

私は普段からフリースにデニムやチノパンなどの楽なアウトドアスタイルが多いので、普段の生活にも楽に馴染みました。

ハイキングや登山に行くときに公共交通機関などを使用しますが、その場合もそこまでランニングシューズといった印象が強くなくて良いです。

アウトドアでの使用にも向いていて、ビブラムソールなのでフェスや、キャンプなどの場面でも機能面としても優れているのは嬉しいポイントです。

 

2.クッション性能の高さ

フレッシュフォームはとてもクッション性能が高く感じました。

ホカオネオネも好きですが、マシュマロの様なフワフワ感はまったく無く、しっかりと足をサポートしてくれるけど柔らかいといった感じです。

 

3.安定感

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

アッパーも柔らかい生地ではなく比較的しっかりとした生地感です。

シュータンにはしっかりとクッションが入っているので、紐をしっかり締めても足の甲が痛くなったりはしません。

かかと部分のホールド感も高く全体的にしっかりと足を包み込んでくれます。

 

4.グリップ

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

安定感を高めているのに、ビブラムソールも大きな役目を果たしている様に感じました。

ソールがしっかりしているのでかなり安定感が高いです。

 

ビブラムソールのメガグリップは雨に濡れたアスファルトでも全く滑りませんでした。

雪の上でもかなりグリップ力を発揮してくれましたので安心して次の一歩を出すことができました。

 

5.通気性

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

通気性はかなり高い

 

穴が開いている様に見える部分は本当に穴が開いてます。

そのため通気性はかなり高いので足が蒸れることなく快適でした。

 

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】気になった3つのポイント

良かったポイントなどを書いていて感じたことは、良いポイントと気になるポイントというのは両方にメリットとデメリットがあると思いました。

完璧なシューズがあればそれが一番良いのですが、自分のスタイルに合っているシューズを選ぶのが一番正解なのかもしれません。

 

1.ソールがガッチリ

ソールがビブラムソールでカッチリしていて安定感とグリップ力は相当高いです。

その反面、ロードがたくさんあるコースを走る場合は足裏が硬く感じるかと思います。

土や、岩のトレイルを走る際にはかなり快適ですが、アスファルトを走る時は最初硬く感じる方もおられると思います。

私の場合は3回目ぐらいでソールも馴染みあまり硬く感じる様なことは無くなりました。

 

2.冬は寒く感じる

通気性が高いので快適ですが、雪や雨などの場合や、気温の低い時は足先がとても冷たかったです。

防水性はまったくないのでそのまま水や風が入ってきます。

 

ゴアテックスバージョンも登場しましたので、よければこちらの記事を参考にしてみてください。

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M ゴアテックス【レビュー】サイズ感なども!雨や雪の中でも快適です。

 

3.重量

ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M

重量:約287g(25.5cm片足)

個人的には重量がそこそこあるほうが安定した走りができると思っていますし、足にフィットしていますとそこまで重さを感じないので許容範囲ではあります。

足捌きに関してもそこまでゴツくないので細かいステップも踏みやすいです。

ランニングシューズでしたら重たく感じますが、トレイルランニングシューズとしては普通より少し重いといった感じになると思いました。

 

まとめ:ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】さすがの完成度です!

まとめ:ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】さすがの完成度です!

まとめ:ニューバランス FRESH FOAM HIERRO M【レビュー】さすがの完成度です!

 

ランニングシューズはフューエルセルを使用しており、普段の靴から、ラン、トレランまでとニューバランスを愛用してます。

総合的な印象としてはランニングカテゴリーに力を入れているとのお言葉通り、作り込みなども丁寧で完成度は高く感じました。

 

普段履きから、ハイキング、キャンプなどまで広い範囲をカバーしつつも、本来のトレイルランニングでの用途でも十分に快適な履き心地を提供してくれました。

まだまだトレイルランニングなどで履いている方は少ないニューバランスですが、それもまたな良いところかもしれません!

 

今日は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事があなたのお役に立てば嬉しいです。

 

【記事の中で紹介させて頂いた製品】

(NB公式アウトレット)【30%OFF】 メンズ FRESH FOAM HIERRO M B6 (グリーン) ランニングシューズ 靴 ニューバランス newbalance セール

パタゴニア プロビジョンズ

ニューバランス公式オンラインストア

楽天市場

contact

    • この記事を書いた人

    つかも

    「ブログ×シンプルな暮らし」|趣味はラン・トレラン・音楽・読書・野球・スポーツ全般です。京都の暮らしや、ランニング用品、アウトドアギアなどの感想をブログに書いています。

    よく読まれている記事

    パタゴニア・テルボンヌ・ジョガーズ 1

    全体像のイメージ   以前の自分テルボンヌって変わった名前やなぁ   以前の私はこの様に感じていました。 今回はパタゴニア・テルボンヌ・ジョガーズを3年間使用したのでレビューを書き ...

    新版 関西トレイルランニングコースガイド 山と渓谷社 2

    表紙もファンな雰囲気 関西地域のコースガイド   最近の自分トレランコースってどこにあるんだろう?   最近の私はこの様に考えていました。   今回は山と渓谷社から出版さ ...

    京都一周トレイル 鞍馬 3

    以前の自分京都一周トレイルへ行ってみたいけど、友人と時間が合わなくて一人で行く予定。 地図がわりになるガイドマップがあれば助かるな。   私自身がこのように考えていました。   京 ...

    京都 木屋町 夜桜 4

    2021年3月のランニング記録の振り返り 3月の走行合計距離は200.5kmでした。 目標は152kmだったので大幅に上回る結果になりました。 足の調子も良く、ジョグペースでのランニングが増えたことが ...

    ホカオネオネ クリフトン6 半年履いてみての感想 アイキャッチ 5

    ホカオネオネ クリフトン6 半年履いてみてレビュー   以前の自分ホカオネオネっていい感じそうだけど、実際のところどうなんだろう?   以前、私はこのように考えていました。 &nb ...

    -trail run

    Copyright© tsukamo_log , 2022 All Rights Reserved.