trail run

ホカオネオネ |チャレンジャーATR5【レビュー】使用から半年経過。いい感じです!

2020年7月20日

ホカオネオネ ATR5

ホカオネオネ |チャレンジャーATR5【レビュー】

 

以前の自分
ホカオネオネのトレランシューズはどうなんだろう?

 

以前の私はこのように考えていました。

 

今回はホカオネオネのチャレンジャーATR5を購入しましたので、今後このシューズを購入される方の参考になればと思いレビュー記事を書きました。

詳細のスペックなどは公式ページに詳しく書いてあるので、実際に手に取ってみた感じや、使用感をメインにお伝えしていけたらと思っています。

この記事の内容

チャレンジャーATR5のレビュー

チャレンジャーATR5のスペックを詳しく見る(公式ページへのリンク)

 

(※追記記事更新時 2021年2月13日現在)

チャレンジャー5はほぼ完売状態でした。

新型のチャレンジャー6も発売されていますので、ご検討されている方は参考にしてください。

 

ホカオネオネ|チャレンジャーATR5を選んだ理由

ホカオネオネ ATR5

チャレンジャーATR5を選んだ理由

 

私は普段ランニングをしておりまして、その際にホカオネオネのクリフトンリンコンなどを履いています。

トレランシューズは今までモントレイルを履いていたのですが、今回ホカオネオネのシューズを試してみたかったので購入してみました。

公式サイトにもいろいろなラインナップがあるのですが、実際に靴屋で手にとって見たときに一番シンプルな感じがしました。

 

スティンソンATR5や、スピードゴートエボマファテなどの独特なフォルムのものが多かったです。

 

私の場合は普段軽い運動や、子供のスポーツの練習に付き合う時もこういったシューズを運動靴として履くので、シンプルなデザインのものを好みます。

逆にナイキのヴェイパーフライなどはレースランニング用途としてしか履きませんので、独特のデザインも良いと思います。

 

ホカオネオネ|チャレンジャーATR5【レビュー】

ホカオネオネ ATR5

爪先あたりはぼってりした印象

ホカオネオネ ATR5

ヒール部分、履きやすいようにループが付いています。この辺りのデザインはリンコンと似ています。

ホカオネオネ ATR5

ソール内部 かかとの裏生地はざらざらした感じがあり、かかとのホールド力を高めてくれています

 

全体的にトレイルラン用のシューズということで、クリフトンやリンコンよりもボリュームがあります。

爪先あたりのガードはそこまでガッチリとしたものではないですが、カバー力はしっかりとあります。

 

オールテレインとメーカーが記載している通り、トレイルとロードが混じったコースではかなり活躍します。

ロードシューズとしても履けるようなランニングシューズに近い感覚のトレイルシューズです。

 

ホカオネオネ|チャレンジャーATR5のサイズ感

ホカオネオネ ATR5

チャレンジャーATR5のサイズ感

 

ホカオネオネは全体的に大きめなので、

実寸プラス0.5センチ、大きくてもプラス1センチ以内

でのチョイスをおすすめします。

私の足のサイズは実寸で両足とも25.3センチでDワイズです。


通常トレランシューズは爪先に余裕を持って、1センチから1.5センチ大きいものを選ぶと言われていましたが、現在はそうでもないと感じています。

今回26センチを選びましたが、爪先には1センチほど余裕がありますし、26.5をチョイスした場合だと大きすぎると感じます。

 

ある程度トレイルなどでも走れるようになってくると、大きめのサイズは避けたほうが良いのかなと個人的には考えています。

紐をきつく締めなくてはなりませんし、靴の中で足が動いてしまい安定感が損なわれます。

実際に履いてみるのが一番ですが、”大きめ”というのもある程度の話だと思います。

 

店員さんがトレランなどの経験者の方なら良いですが、そうでない場合もあります。

ご自身でサイズなどは決められるのが良いと考えます。

ホカオネオネ全般に言えることですが、実寸プラス0.5センチ、大きくてもプラス1センチ以内でチョイスするのが間違い無い可能性が高いです。

ホカオネオネのシューズは大きめです。

横幅が広い方はワイドサイズもあるので、サイズを上げずにワイドタイプを選ぶのが良いと思います。

 

ホカオネオネ|チャレンジャーATR5の履いた感じ

ホカオネオネ ATR5

チャレンジャーATR5の履いた感じ

 

足を入れた瞬間から馴染んだ感じがありました。

硬いトレランシューズとは違いランニングシューズの様な『履きやすさ』がありました。

それでもプロテクションが弱いとは感じませんでしたし、かかとのホールド感、爪先を枝や石から守る部分も十分に機能しています。

とくに感じたのは、フカフカの林道や、傾斜が緩い場所、トレイルとトレイルの間のロード部分の走りやすさはめちゃくちゃ良かったです。

 

ホカオネオネ|チャレンジャーATR5のグリップ

ホカオネオネ ATR5

チャレンジャーATR5のグリップ

 

グリップ部分はソールがゴムの部分と、ウレタンフォームがそのまま剥き出しになっている箇所がミックスされています。

私がこのシューズを履いてトレイルに入ってみた時、路面が濡れていましたが、滑るような印象はありませんでした。

下りのトレイルでもしっかりグリップしてくれましたし、ロード部分は全く問題なくクリアできました。

落ち葉が積もっているところはやはり少し滑る印象がありました。

シューズ自体が比較的柔らかくソール全体もガッチリとした感じではないので、クッションはあるが、しっかりと足裏の感覚で捉えることができるように感じました。

 

ホカオネオネ|チャレンジャーATR5の重量

ホカオネオネ ATR5

ホカオネオネ|チャレンジャーATR5の重量

247グラム

26センチの片足の重量です。

軽いですね!

 

まとめ:ホカオネオネ|チャレンジャーATR5の【レビュー】いい感じです!

まとめ ホカオネオネ ATR5

まとめ:ホカオネオネ|チャレンジャーATR5の【レビュー】

 

今回はかなり良い感じでした。

良い面(例えば、軽い)もあれば、それがデメリット(堅牢性に欠ける)になるケースもありますのでどちらをとるかになってきます。

どちらかといえば、ロードが多く、平坦気味の土のトレイルなどで使う機会が増えそうです。

距離はショート(〜30㎞)ぐらいが最適だと感じました。

 

長い距離を踏むときはもう少し重さが合っても良いので、もう少し硬めのシューズの選択をすると思います。

 

チャレンジャーATR5、個人的にはかなり評価は高く足に合っているのもあって、おすすめできます。

私自身もこのシューズを大切に、長い期間付き合っていきたいと思いました。

ハイキングなどにも!

 

今日は以上です。

最後まで御読みいただきありがとうございました。

こちらの記事があなたのお役に立てば嬉しいです。

 

【記事の中で紹介させて頂いた製品】

(※追記 2021年2月13日現在)

チャレンジャー5はほぼ完売状態でした。

新型のチャレンジャー6も発売されていますので、ご検討されている方は参考にしてください。

contact

    • この記事を書いた人

    つかも

    「ブログ×シンプルな暮らし」|趣味はラン・トレラン・音楽・読書・野球などスポーツ全般です。普段はアウトドアメーカーに勤務しながらブログを書いています。おかげさまで平均して月に1万人の方に購読していただける様になりました。ありがとうございます。(^^ゞ

    よく読まれている記事

    パタゴニア・テルボンヌ・ジョガーズ 1

    全体像のイメージ   以前の自分テルボンヌって変わった名前やなぁ   以前の私はこの様に感じていました。 今回はパタゴニア・テルボンヌ・ジョガーズを3年間使用したのでレビューを書き ...

    新版 関西トレイルランニングコースガイド 山と渓谷社 2

    表紙もファンな雰囲気 関西地域のコースガイド   最近の自分トレランコースってどこにあるんだろう?   最近の私はこの様に考えていました。   今回は山と渓谷社から出版さ ...

    京都一周トレイル 鞍馬 3

    以前の自分京都一周トレイルへ行ってみたいけど、友人と時間が合わなくて一人で行く予定。 地図がわりになるガイドマップがあれば助かるな。   私自身がこのように考えていました。   京 ...

    京都 木屋町 夜桜 4

    2021年3月のランニング記録の振り返り 3月の走行合計距離は200.5kmでした。 目標は152kmだったので大幅に上回る結果になりました。 足の調子も良く、ジョグペースでのランニングが増えたことが ...

    ホカオネオネ クリフトン6 半年履いてみての感想 アイキャッチ 5

    ホカオネオネ クリフトン6 半年履いてみてレビュー   以前の自分ホカオネオネっていい感じそうだけど、実際のところどうなんだろう?   以前、私はこのように考えていました。 &nb ...

    -trail run

    Copyright© tsukamo_log , 2021 All Rights Reserved.